2016年10月28日

マハ・ヤギャ、素晴らしかったです!

先週は治療院を1週間お休みさせていただき、富士山麓にてサイマーさんのマハ・ヤギャとその関連のプログラムに参加してきました。

マハ・ヤギャは21〜23日の3日間でしたが、その前に関連プログラムとマハ・ヤギャの膨大な準備があったので、まるまる1週間を要しました。

マハ・ヤギャ、本当に素晴らしかったです!

この史上最大規模の祭事の成功に微力ながらも貢献できたことはこの上ない喜びです。後半の4日間はずっと2時間睡眠でしたが、場のエネルギーが極めて高かったのでずっと元気でした。

24日の朝、仲間の車で送ってもらって新宿に帰りついたときは浦島太郎のような気持ちでした。ちょうど通勤ラッシュの時間帯でしたが、以前とくらべて街中の空気が穏やかに感じました。マハ・ヤギャの祈りが世の中全体に拡がったのだと思います。

スタッフ及び関係者の皆様方、本当にお疲れ様でした!

マハ・ヤギャの現場にはインドのテレビ局が撮影に来ていました。仲間の一人がその放送の動画を見つけてくれましたので埋め込んでおきます。マハ・ヤギャの荘厳な雰囲気が少しでも多くの方々にシエアできますように。





posted by 堀 雅史 at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

マハ・ヤギャに参加してきます。

明日からまた1週間、研修に出かけてまいります。24日の午後3時から診療再開いたします。ご迷惑をおかけしますが、その分よい治療でお返しさせていただきます。

今回の研修では、『マハ・ヤギャ』という祭事に参加してきます。詳細は下記をご覧ください。

http://www.sai-maa.com/ja/maha-yagya

もっと早くこのブログでもご紹介すればよかったのですが、日常の治療や他の業務でばたばたしているうちに今日になってしまいました。

鍼灸の研修ではありませんが、人を癒す仕事に携わる者としてこれほど貴重な経験は他にありません。セヴァ(ボランティアスタッフ)として全身全霊を尽くしてきます。

ご興味のある方、今から可能な参加方法は下記の通りです。

https://saimaajapan.com/maha-yagya/

現地にいらっしゃれない方でも、よろしければ世界同時瞑想(10/23の朝7〜8時)にご参加ください。

http://www.sai-maa.com/ja/global-meditation

これまで気が遠くなるほどの準備を進めてこられた関係者の皆様に、心からの感謝と尊敬を捧げます!


2016年08月02日

充実してます。

記事の更新はすっかりご無沙汰していましたが、日々の生活はとても充実しています。

4月にフロリダでの学んできた後、5月末には日帰りで福岡、7月初めには3泊4日で長野で学んできました。

7月は、いやしの道の東京月例会での講義もしました。毎月やっている湘南研修会での腹診の講義もしました。表現することの楽しさを改めて感じました。

治療室のホームページもリニューアルしました。今更ながら、念願のスマホ対応が果たせました。

良いインプットがあり、良いアウトプットがあります。

そして何より、臨床が楽しいです。私の人生経験の全てが一回の鍼灸治療に込められています。

2016年04月02日

海外研修にいってきます。

明日からの1週間、治療室を離れて海外研修に行ってきます。サイマーさんのプログラムを受けに、フロリダまで行ってきます。サイマーさんのことについては以前の記事をご覧ください。

サイマーさんは幅広い活動をされている方ですが、特にヒーラーとして傑出した方です。その教えを学ぶことは、私の鍼灸に大いに活きるものだと思っています。

普段、温泉旅行すらしない私にとっては、かなり思い切ったスケジュールです。患者さんにはご迷惑おかけ致しますが、パワーアップして帰ってこれればと思います。


posted by 堀 雅史 at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

私の治療方針

久々にホームページの治療方針を書き換えました。

以前に書いたものと大きくは変わっていないのですが「今の自分であれば、このような言葉でお伝えする」というものを書いてみました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~acupuncture/concept.html

鍼灸師になって16年。揺るがない治療方針になりました。



posted by 堀 雅史 at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする