2007年07月26日

ミハイ・チクセントミハイさんの『フロー体験 喜びの現象学』

flow.jpg

ミハイ・チクセントミハイさん(今村浩明さん訳)の『フロー体験 喜びの現象学』を読みました。最近読んだ中では抜きん出てインパクトのある本でした。

フロー理論を最初に知ったきっかけは、天外伺朗さんの『マネジメント革命』(こちらも素晴らしい本です。フロー経営の話です。)で引用されていたからです。初めて知ったときには、「こんな研究をしている人がいたのか〜!」とショックを受けました。いつか原著を読まなくては、と思っていました。



フロー理論とは何か、というと「一つの活動に没頭し、他の何事も問題にならない状態。その活動が純粋に楽しいから時間と労力を費やすような状態」といえます。

フローの語源は、被験者の一人であった詩人でもあるロッククライマーが登山の楽しさについて、以下のように語ったことに由来するそうです。

「山を登る喜びは、頂上に到達することではなく、登っているという状態こそが喜びなのです。それは自分がひとつの流れと一体になる感覚です。その流れを保ち続けるために登るのです。」



フロー状態には以下のような特徴があげられます。

1.行為への深い集中
雑念がなくなり、その行為に深く集中する。心理的な容量でそれ以外のことを占める領域がなくなるほど、没頭する。

2.自意識の喪失。
ロッククライミングであれば、山と自分がひとつになるような感覚。

3.時間間隔の喪失
楽しいことは早く過ぎますよね。あれのことらしいです。

4.どんな行為でも起こる。
スポーツでも、ゲームでも、ビジネスでも、音楽でも、食事を味わうことでも、人と会話することでも・・・、どのような行為でも、以下の条件が整えばフロー状態になることはできます。




フロー状態に入るための条件

1.自己目的的であること
内発的な動機に基づいてる。報酬や見返りを期待しない、行為そのものに対する純粋なモチベーション。

2.能力と難易度のバランス
その行為が難しすぎて不安にならず、簡単すぎて退屈しないような、適度な挑戦が保たれること。

3.確かなフィードバックの存在
自分の行為が上手くいっっているのか、自己の成長に結びついているのかを確認できること。



チクセントミハイさんは、フロー活動に入ることと、自己の統制(精神的な自律)は相互的に高めあう関係にあり、それが個人の幸せ、社会の幸せにつながっていくと述べています。

他にも、スポーツ、仕事、政治、人間関係、恋愛、セックス、宇宙とのかかわりなどのテーマについても非常に深い洞察が述べられていました。

全体を通して、印象に残るメッセージがたくさんありましたが、「幸せ、喜びは起こった現象をどのように受け取るか次第であって、外的な状況がどうであるかは関係ない(自己の統制がとれていれば)。」というメッセージがもっとも印象的です。喜び、幸せというものの本質について鮮烈な示唆を与えてくれる本でした。
posted by 堀 雅史 at 19:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

稲葉晃子先生のセミナー

先週の土曜日、矢野健太郎先生の治療院、プラットフォームボディケアつくばで、
http://pfbc-tsukuba.com/

NATA公認アスレチックトレーナーの稲葉晃子先生のセミナーが開かれました。
http://homepage2.nifty.com/mfla/c_top.html

稲葉先生はバレーボールの選手、指導者としてトップクラスの経歴をお持ちの方で、現在ロサンゼルスの大学でトレーナー活動をされるかたわら、セミナー活動も精力的に行ってらっしゃいます。

世界のなかでも最前線でご活躍されてきた方ですが、とても気さくに接してくださるステキな方でした。

セミナーはすばらしい内容でした。テーマは“コア(身体の中心部分)のトレーニング”についてでした。

非常に説得力のある理論をわかりやすく説明していただいたあと、一般の方でも安全にできるセルフケアについてご教授いただきました。

僕の身体をモデルに歪みの診察法についても解説していただきましたが、そうとう歪みまくってるとのことでした。ヤバイですね〜。

でも、教えていただいた教えていただいたセルフケアをやったら、その場で歪みが変化しました。スゲェ!

しばらく自分で続けてみて、手ごたえがつかめてきたら患者さんにもお伝えしたいと思います。楽しみにしていてください。



セミナーのあとはもちろん懇親会です。神田の沖縄料理とちゃんこのお店にいきました。
http://okinawan-juicy.com/shop_info/chiyoda/katsuji/index.html

こちらのご主人は相撲の呼び出しをやってらした方で、なんと太鼓、拍子木のライブまでみせていただきました。

料理も手が込んでいて、ヘルシーメニュー中心ですごく美味しかったです。おすすめですよ!

2007年07月10日

大宮氷川神社

一昨日は、コンサートの前に大宮氷川神社にもよってきました。テーマがかなり違うので別記事にしました。

大宮の氷川神社は各地にある氷川神社の総本社です。第5代天皇の孝昭天皇(紀元前475年〜393年)によって創建され、明治15年(1882年)、昭和15年(1940年)の改築を経て、現在の姿になったそうです。歴史を感じさせる荘厳な雰囲気でした。

sandou.jpg

JRのさいたま新都心から歩いたので、徒歩20分以上はかかったと思いますが、参道をゆっくり歩いていくのが気持ちよかったです。樹齢100年近く(たぶん・・・)の大きな並木に覆われているので、夏の日差しにもかかわらず思いのほか涼しかったです。

azisai2.jpg

参道沿いのあじさいです。

torii.jpg

立派な大鳥居です。

keidai.jpg

本殿です。おもいっきり逆光・・・。

最寄駅は、北大宮駅(徒歩5分)、大宮駅(徒歩15分)らしいですが、時間があれば、さいたま新都心から長い参道をゆっくり散歩がてら歩いてくるのもおススメですよ。
posted by 堀 雅史 at 14:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩、お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

氷室京介さんのコンサート

昨日、さいたまスーパーアリーナに氷室京介さんのコンサートにいってきました。

CANQWNNT.jpg

今回のツアーの本編は3〜5月にかけての3ヶ月間でおこなわれていたのですが、昨日は追加公演というかたちでの最終公演でした。

いや〜、良かった・・・。実に良かった・・・。

やはりライブはいいですね。いい汗かきましたよ。右腕上げすぎて、今日は筋肉痛です。上腕三頭筋長頭が痛いです。大音量による耳鳴りもしてます。でも気分が最高なのでいたって元気です!

3月のツアー中盤の頃に東京国際フォーラムの講演にもいったのですが、やはりファイナルはちょっと雰囲気が違いますね。これがラストだっていう空気というんでしょうか、会場全体が今日は特別だっていう雰囲気なんですよね・・・。もちろん、ツアーまっただなかの緊張感もすごくスリリングでいいんですけどね。それぞれ違った空気が楽しめると思っています。

それから曲が最高だったのはもちろんですが、すごく印象的だったMCがありました。

氷室さんはBOØWYの頃、『Dreemin』という曲を演るときに「夢を見てるヤツラに送るぜ!」と言うんですが、あるときファンレターで「自分は夢をみれない人間なんです。」というコメントがあったそうです。それで、その後そんな人へのメッセージをのせた『STRANGER』という曲をかいてるんですね。

そんなエピソードを語ってくれたあとに、こんなメッセージがありました。

「俺もウネウネ悩むことはあるけど、結局自分を信じてがんばるしかないんだよ。最終的に幸せかどうか決めるのは自分だよ。俺はオマエラがいて幸せです!」

これを聞いて、すごく氷室さんらしい言葉だと思いました。ほんと、幸せかどうかは自分で決めることですよね。なんというか、“自分の幸せに対して自分で責任を持っている”というニュアンスが氷室さんらしいと思いました。

そんな熱いメッセージがきけた昨日は、いままでいってきたコンサートのなかでも特別な思い出になりそうです。

ありがとう氷室さん!
posted by 堀 雅史 at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト、アスリート、職人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする