2007年08月27日

No.1販売員は全員フツーの人でした。でも、売り上げ1億円以上!なぜ?

31936717.jpg

すばらしい本でした。ものすごく勉強になりました。

僕は自分の仕事は医療だと思っていますが、医療も接客業のひとつと考えると、一般の小売業やサービス業から学ぶべきことが山ほどあると思っています。

この本には、電気機器の販売や、旅行代理店、婦人服の販売など、業種の異なる10人の接客のプロ達が紹介されていますが、それぞれ独自のノウハウをもっている方々でした。

なかには、全然逆のことを言ってる方もいらっしゃるくらいで、一見すると、共通点がないようにも見えてしまいます。ですが、読んでいて彼らの共通点がハッキリみえました。

それは、ひとつひとつの仕事全てが『お客様に喜んでもらうため』というベクトルに向かっているということです。

「接客業なんだからそんなの当たり前」と言われそうですが、120%徹底できるかといえば、そこまでできる人は多くはないと思います。

それで、具体的にどのような仕事内容になるか、業種、職場環境、販売員の感性によって異なり、それが結果的に必ずしも人と同じになるとは限らないということなんでしょうね。でも、その根本的な動機は常に『お客様に喜んでもらうため』なんだと思いました。

巻末に著者の松井政就さんがすばらしく本質を突いたコメントを述べられています。「ノウハウを真似しても無駄。本質をつかんで、あなたなりにアレンジをしてください」と。

ほんとうにその通りです。今日からまた、襟を正してがんばろうと思います。
posted by 堀 雅史 at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

ジャズピアニスト上原ひろみさん

今日、治療院のBGMでラジオを流していたら、
http://www.avanti-web.com/thisweek.html

ジャズピアニストの上原ひろみさんが出演されていました。
http://www.yamaha-mf.or.jp/art/official/hiromiuehara/

僕は普段ジャズはあまり聴かないので、上原さんのことを知ったのはこれが初めてだったのですが、素晴らしい演奏でした。トークもすごくおもしろかったです。それで、思わずネットでいろいろ調べてしまいました。

上原さんいわく、ピアノを弾くのが本当に大好きで、練習するのも楽しくて仕方がないそうです。ライブの数は年間で350回以上だそうです。

やはり、これくらいのレベルで活躍されている方というのは、やっていることが好きで好きでしょうがないという人以外にいないんじゃないかと思っています。

これって言い替えれば、まさしく以前にお話した“フロー”そのものだと思います。
http://masafumihori.seesaa.net/article/49283151.html

また、YouTubeでみつけた動画のなかで「一音入魂」という話をされていました。
http://www.youtube.com/watch?v=2uSD3Guayz0&NR=1

フローの特徴のひとつに、行為と自意識の統合というものがあるんですが(夢中でピアノをひいていると、“ピアノ=自分”のような感じになってくるってことです。)、この表現っていかにもフローの特徴をあらわしているような気がします。

人が好きで思いっきり打ち込んでいる仕事というのは見る者を魅了させるますよね。
posted by 堀 雅史 at 19:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト、アスリート、職人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

松江はりきゅう治療院

筑波大学理療科の先輩、松江泰寛先生が開業されました。

松江はりきゅう治療院
http://katy.jp/matsueharikyu/index.html

昨日は同窓生が集合して、治療院の見学会でした。
ものすごくスタイリッシュな治療院でしたよ。

CAD407L1.jpg

見学会の後は、開業祝い&暑気払いパーティーでした。

CAX0MHLZ.jpg

松江先生、お互いがんばりましょう!
posted by 堀 雅史 at 10:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする