2008年05月31日

井上雄彦 最後のマンガ展

金曜午後は、いつもならTJK東中野保健センターにいくところですが、昨日は都合により腰痛対策室が休診でした。僕は平日でフリーな時間というのがめったにないので、この日はオフにして上野の森美術館で開催している『井上雄彦 最後のマンガ展』にいってきました。

ueno.jpg

素晴らしかったです。内容について書くのは控えますが、感動しました・・・。マンガを空間に解き放つとこういう世界になるんだと、身体全体で未知の世界を体感してきました。

図録『いのうえの』のなかに、マンガ展と原作のバガボンドについて、制作過程のエピソードが綴られていましたが、井上先生の言葉で『キャラクターの必然性に展開を任せたい。自分の思惑で物語の方向性を決めてはいけないと思った』というような言葉がありました。

勝手な解釈ですが、きっと井上先生の見つめる先にあるのは、禅の世界なんだろうなぁと感じてしまいました。ここしばらく『弓と禅』という本を読んでいるのですが、なんとなく世界観がオーバーラップしたので・・・。

昨日、今日と肌寒い天気が続いてますが、内向的な世界にフェードインするためには、こういう静かな天気の日がちょうどいいような気がしました。



posted by 堀 雅史 at 11:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト、アスリート、職人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

国際鍼灸専門学校の学園祭特別講演

昨日は国際鍼灸専門学校の学園祭で講演をしてきました。テーマは鍼灸院の開設と経営についてです。

開設準備については、自分自身の経験についてかなりオープンに話しました。普通ならあんまり言わないようなことも話しちゃいました。“何にいくらかかった”とか。おそらくそういうところこそ学生さんは知りたいのではないかと思ったので・・・。

経営については、けっこうマニアックな話をしてしまったかもしれません。チクセントミハイさんのフロー理論稲盛和夫さんから学んだ原理原則の重要性神田昌典さんから学んだライフサイクルの応用法、etc・・・

正直、こちらの言いたいことがどの程度伝わるのか未知でしたが、意外とすんなり受け入れてもらえたような手ごたえがありました。『先生はどんなときにフローに入るんですか?』なんて質問がきましたし。

講演後の親睦会でも、学生さんから『初めてそういう考え方を知ったけど面白かったです』という感想を聞かせてもらえました。また想像していた以上に開業志向の方が多く、けっこう具体的な質問をされたので、なかなか答え甲斐がありました。僕も面白かったです。

今回、常日頃考えていたことを人前で話すことで、自分の中で感覚的にあつかっていた情報が、具体的なカタチにまとまりました。たまに講演の仕事をさせてもらえるのは自分にとって非常にいい刺激なります。そういう機会をちょくちょく与えてもらえることに感謝しています。

それから久々に教員の先生方や事務の皆さんに会えたのも嬉しかったですね。僕にとっては母校であると同時に6年間もお世話になった職場でもあるので・・・。皆さん以前と変わらずお元気そうで何よりでした。

2008年05月15日

ルピシアさんのフレーバードティー

最近、ルピシアさんのお茶がお気に入りです。

もともとは鍼治療の感想文を書いてくださった患者さんにお礼としてお茶をプレゼントしていたのですが、そのうち自分のも買うようになり、今ではすっかりはまってしまいました。

今のところ、緑茶のフレーバードティーをよく飲んでいます。グレープフルーツ風味、さくら風味(春限定)、さくらんぼ風味、etc・・・。どれもものすごく美味しいんです。

緑茶をこういうふうにアレンジできるってすごいアイデアですよね。最初はちょっと意外な気がしていましたが、香りをかいでみると『あぁ〜合ってるかも・・・』って感じなんですよね。(ちなみにお店にいくと、香りは自由にかがせてもらえます。)

この前、お店にいったときにはさくらんぼ風味の紅茶のアイスティーを試飲させてもらいました。これがまたえらく美味しかったんですよね。

季節はずれの寒気もようやく去ったようなので、今度はアイスティー用の紅茶を買いにいこうと思います。
posted by 堀 雅史 at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ステキなお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする