2009年05月27日

ヒデキバレエ体験レッスン

昨日は治療室を早締めして、ヒデキバレエの体験レッスンを受けてきました。「なんでまた突然バレエ?」って感じですが、僕の治療室にはクラシックバレエやダンスをやられている患者さんも通院されているので、自分でも経験した方がいいだろうと前々から思っていたのです。

野原秀樹先生はプラットフォームボディケアの矢野健太郎先生にご紹介いただき知り合うことができました。このご縁を活かさなかったら、バレエを体験できるチャンスは無いと思い、行ってきたというわけです。

レッスンはすっごく面白かったです。指導してくださった塩野瞳先生は教え方が非常にわかりやすく、バレエ経験ゼロの僕にも動きのイメージがなんとなく理解できました。もちろんいきなり出来はしませんでしたが・・・。

僕は以前太極拳をやっていたましたし、今現在も身体教育研究所で日本文化的な身体操作法を学んでいるので、西洋的な身体の使い方というのは非常に新鮮でした。

どちらも優れた身体操作法を目指すという意味では、もしかしたら共通点もあるかもしれませんが、やはりアプローチはだいぶ異なるのようです。

続けてレッスンを受けていけば、いろんな意味で“いい身体”になれそうな予感がありましたが、本業の治療室運営を疎かにするわけにはいかないので、ひとまず1日体験のみで区切りたいと思っています。

しかし患者さんの治療をしていく上では、非常にプラスになりました。当たり前かもしれませんが、ダンサーにはダンサーならではの精妙な身体システムがあるんですね。そのことを実感を伴って思い知ることができたので、やっぱり行ってきてよかったです。

患者さんの身体を診るにあたっても、より鮮明にイマジネーションを働かせることができそうな気がします(良い治療にはイマジネーションが不可欠なのです)。

野原先生、瞳先生、貴重な経験をさせていただき、どうもありがとうございました。ほんとに楽しかったです。

posted by 堀 雅史 at 11:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト、アスリート、職人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

道はいろいろ

昨日、国際鍼灸専門学校の卒業生の方が治療室を訪ねてくれました。卒後数年は病院や治療院でお勤めされていたのが、思うところあって現在は中小企業診断士を取得し、中小企業の経営サポートを主な仕事とされているそうです。いずれは治療院や整骨院の経営サポートも考えていきたいとのことでした。

鍼灸学校をでた方のなかにも、その後色々な分野にすすまれる方がいらっしゃるんですよね。僕の同期では鍼灸師になった後にイラストレーターになった方もいます。その方は、一般のイラストレーターよりも解剖学や経絡経穴(ツボ)の知識などでアドバンテージがありますから、健康雑誌のお仕事を引き受けることが多いと聞きました。

どういう経緯でその人ならではの道が開けるのか、わからないものですよね。でもヒトそれぞれ『この経験がなかったら、こっちの道には来なかった』っていうことはあるでしょうから、無駄な経験って一つも無いんだとつくづく思います。

結局未来の展開は考えたってわからないのだから、その時その時を精一杯過ごすだけですよね・・・。そうすればどんな未来がやってきても悔いなく清々してられます。

話は変わりますが、今日は治療室の受付を5時でしめてスポーツ傷害の勉強をしてきます。人生初、クラシックバレエのレッスンを受けてまいります。

posted by 堀 雅史 at 12:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

今年のGWは

今年のGWはずいぶんとゆっくりさせていただきました(治療院の入っているビルは祝日はロックがかかってしまうためいたしかた無くもあったのですが・・・。)。

前から行きたかった奥多摩の氷川渓谷にいけたし、八王子の村内美術館にもいってこれました(この美術館はメチャクチャお勧め!)。

hikawakeikokoku.jpg

≪氷川渓谷≫

それから久々に会う鍼灸師仲間や高校の頃の友達など、普段なかなか会えない人とも会うことができ、ゆっくり積もる話をすることができました。

高校時代の友達の松尾真介君とは8〜9年ぶりに会ったのですが、昔と変わらず素の自分同士でコミュニケーションがとれる相手でした。

ちなみに松尾君はミュージシャンですが、意外なことに彼の音楽制作と僕の治療法の根本的な原理にはかなり共通するところがあるということが解かりました。

よい治療もよい音楽も“自然”というものと付き合っていくために自分の心身を磨いていくことが必要なんだと思います。

この休みはとてもいいリフレッシュになりました。おかげで今まで以上にいい治療ができそうです。いつものことですが、結局休みが明けると「やっぱ仕事してんのが一番楽しいな」と思います。





posted by 堀 雅史 at 16:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩、お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

竹の子いただきました。

またまた患者さんからのいただきものです。竹の子をいただきました。ご自宅の近所で、その日の朝採ってこられたものだそうです。採れたての竹の子なんてなかなかいただく機会ないですから嬉しいですね〜。貴重な品をありがとうございます。m(-_-)m

せっかくの採れたてなので、刺身と塩焼きそばにしていただきました。めちゃくちゃ美味しかったです。(^o^)

takenoko.jpg

ところで全然関係ない話します。箸の向きが逆ですが、僕は左利きなのです。何をするにもほとんど左手。鍼を打つ手も右利きの人とは逆なんです。
posted by 堀 雅史 at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする