2010年02月22日

桜餅

今日、患者さんのFさんから桜餅をいただきました。桜餅、久々に食べましたが美味しいですね〜♪どうもありがとうございます。m(_ _)m

一時、甘じょっぱい味が流行ってましたけど(塩キャラメルとか)、思えば桜餅って甘じょっぱいをはるか昔から先取っていたんですね。日本文化すばらしい・・・。

食事もおやつも和風が圧倒的に多くなってきた今日この頃です。
posted by 堀 雅史 at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

ラーメンを食べながら思う

最近また勉強会やセミナーの講師の仕事が多くなってきました。

内容は講義系は自分流の治療院経営について、実技系は自分流の鍼治療と診察法についてです。だからやってることは毎回大きくは違わないのですが、それでも受講者のタイプやレベルによって受け取り易いようにリフォームはしているのです。

伝えたい事のコアは同じであっても観点を変えるだけでけっこう違ったカタチになってくるものです。そのことが僕にとっては“いつも考えている(やっている)こと”である自分流の見たことのない切り口を認識するきっかけになっているみたいです。

それから、最初に人前でオリジナルのコンテンツを話だしたのは2006年の秋でしたが、そこから3年半もたつと自分流もバージョンアップしてきます。その更新具合をその都度まとめなおしていくというのは大変有意義な作業のようです。

以前から、フロー理論についてはいろんな場でよくしゃべらせていただいているのですが、最近“内発的動機”というものに対する認識が変わってきました。

以前は“内発的動機=好きなこと”というように考えていましたが、道教・禅になじんできた影響か“内発的動機=本当の自分の声”と考えるほうがしっくりくるようになりました。

“本当の自分”とは緒教により言葉は異なりますが、真我、道(タオ)、仏性、ハイアーセルフなどと呼ばれるもののことです。

それら由来の衝動は、顕在意識上での好き嫌いとは違った次元の働きだと思うわけです。腹のそこから「これをやりたい!」っていうときは好きでも嫌いでもやらずにはいられないのだと思います。

どんな仕事でも続けていれば嫌な思いもするし、つらいことも当然ありますよね。そんな時、顕在意識や感情レベルでは「なんか、嫌になってきたなぁ・・・」と思うのが当たり前でしょう。でも僕は、本当の自分がそのままでてくるように生きていきたいわけです。

たまに『好きなことは仕事にしないで、趣味のままにしておいた方が幸せ』という考え方の人もいらっしゃいます。もちろん人それぞれなので否定する気は全く無いのですが、僕は“大好きなことを生業にして毎日その仕事に頭までどっぷり漬かって、楽しい思いも嫌な思いも全部味わって、その果てに本当に自分を知る”っていう生き方が合ってるみたいです。

昨日、いきつけのラーメン屋さんできびきび働いている店長さんを眺めていたら、何となくそんなことを思ってしまいました。
posted by 堀 雅史 at 11:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

J先生と寿司とチョコクロワッサン

昨日は久々に元同僚のJ先生と再会しました。午前中に田町で勉強会があったとのことで、その後ランチをご一緒しました。

日曜日の三田界隈の飲食店は閉まっているところが多かったのですが、慶応仲通りのお寿司屋さんがあいていました。お寿司も美味しかったけど、お惣菜も美味しかったです。夜にも行ってみたいな♪

かなりお腹一杯になったにもかかわらず、デザートにサンマルクカフェでコーヒーとチョコクロワッサンをテイクアウトで買い、その後治療院にてお互いの近況についてじっくり語りあいました。

J先生とお会いするのは何年ぶりだったっけなぁ?・・・いやいや、そういえば自分でブログに書いていたじゃないか。3年ぶりでした。(^ ^;)
http://masafumihori.seesaa.net/article/40948128.html

お互い、治療や経営の考え方についてずいぶんと熱い語りをしてしまいました。J先生とは今でも考え方がピッタリ合うようです。嬉しいですね〜。

自分の進んでいく方向性の再確認ができたような気がします。そしてお互いが以前よりもずいぶん成長したのだと感じました。

今は商売やられている方の大半が口を揃えて「大変な世の中」と言われますが、根本的に大切な原理原則は何時の時代も変わらないと思っています。そこにしっかりと眼を向けている限り、治療も経営も不安になる必要はないと思っています。

そう思えるようになったことが、この3年間で進歩したといえる点なのかもしれません。これからも精進あるのみです。開業鍼灸師、ほんと面白いな。(^-^)

posted by 堀 雅史 at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする