2010年05月19日

一射絶命

久々に読書ネタです。

『一射絶命 禅、弓道、そして日々の行(ケネス・クシュナー〔著〕、櫛田如道〔訳〕、細川道彦〔監〕)』を読みました。

以前より東洋思想(とりわけヴェーダーンタ哲学、老荘思想、禅など)に傾倒しており、日々物事の指針にしてきました。最近、いやしの道協会の研修で座禅をご指導いただく機会ができ、改めて禅について理解を深めたい思った次第です。

禅の流儀としては何より実体験を重んじますから、頭で理解することは目的ではないのですが、体験を受け入れる準備として知識が助けになることはおおいにあると思っています。

それで本の内容ですが、非常に良かったと思います♪要諦は『弓と禅』、『霊箭』、『不動智神妙録』などと同じところにあると感じましたが、著者がアメリカ人青年(当時)なので、現代の西欧文化に慣れ親しんだ日本人にとってはかえって視点が近く、理解しやすい表現が多く含まれていました。

なかでも絶妙にしっくり来たのが下記に引用させてただく無心についての記述です(訳のクオリティが高いことにもよると思います)。

『無心においてのみ、人は正しく自然な働き、すなわち理に従った行動ができる。理に従った行動ができるためには、その行為を行うという意図あるいは作為を捨てなければならない。心の中に湧き起こる雑念の多くが、次にとるべき行為に関するものであってもである。それらの意識はみな、妄想というべきものである。次にとるべき行為を計画、意図することは、現在の行為に真に集中するための妨げとなる。』

また、鈴木大拙氏は無心について、以下のように表現しているそうです。

『意識の全領域を強力に支配し、同時に未知の何かに向かって働きかける謂いようがない「力」に無条件に従うことである。言ってみれば、その意識の働きに関する限り、彼は「自動人形」になってしまうのだ』

非常によく解ります。そういうものですよね。2年前から身体教育研究所で稽古していることにも大いに通じるような気がします。また、これはおよそ全ての芸道に適用される普遍的原理だと思います。武道、華道、書道、スポーツ、料理、音楽(作曲、作詞、演奏)、文筆活動、アートなどなど・・・。もちろん鍼道もしかりです。※注

禅は単刀直入に真理に向かっていくのですね。僕はやっぱりシンプルなのが性に合ってるみたいです。

※注
誤解のないように補足しておきますが、無心は何も考えずに当てずっぽうの仕事をすることではありません。必要とされる知識と技術を全て身に付けた後、それらを正しく使いこなすための心持ちについて述べているのです。どうかご心配なく。(^-^;
posted by 堀 雅史 at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

有隣館アカデミー最終回

最近イベントが多く、日記に記すのが追いつきません。(^ ^;)

5/9の夜、有隣館アカデミーの最終回が行われました。昨年の四月から始まり、毎月実技中心の講義を行ってきましたが、今回で最後です。

最終回は野球肩の診察法についてと、腰痛診察の補足として椎間板へのアプローチ方法について講義をしました。椎間板症については、一般のテキストではあまり詳しく紹介されることが少ないので、ぜひともやっておきたい内容でした。

全12回のセミナーでしたが、終わってみるとけっこう早いものでした。まだまだ伝えきれなかった部分あることは否めませんが、それでも今の自分にできるベストは尽くしたと思っています。

毎月やっていた仕事が終わるのは若干さびしい気もしますが、こういうのはちゃんと終わりがあるのがいいんでしょうね。

終わった時間は帰ってきません。その時与えられた学びの機会は、その時つかまないと、後から学び直すということはできません。日々、一瞬一瞬、学びきって、やりきって、その連続の結果がその時の自分です。

悔いのない仕事ができました。この仕事を支えてくださった、はちがさき鍼灸整骨院の村田先生ご夫妻、有隣館日暮里鍼灸整骨院の榊先生、そして毎回のセミナーを熱心に受けてくださった受講者の先生方、1年と2ヶ月、本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。

いずれまた一緒に勉強できる機会があれば嬉しく思います。その時がくるまで、また自分自身を磨いていこうと思います。

今回はセミナー後、懇親会を開いていただきました。この日は筑波大の後輩&有隣館の新人やぶきんの誕生日が近かったので、そのお祝いも兼ねてです。ベッドをテーブルにしてピザとケーキをいただきました♪どうもごちそう様でした!m(_ _)m

yabukin201059.jpg

2010年05月10日

今年のGWその2 日本画家K・Kさん後、反町誠さん後、伊豆

5月3日は、クォンタムタッチのワークショップで知り合った日本画家K・Kさんの展示会を見に、千駄木フリュウギャラリーへ。ステキな作品を見てうっとりした後は、フィジカルエデュケーターの反町誠さんと飯田橋で飲みました。

反町さんもこの春からいろいろと変化があったようで、それまでのフィットネスクラブから介護施設へと職場を移されたとのことでした。業務内容は反町さんの専門分野である運動指導とのことですが、対象とする受け手が変わったことで、また新たに試行錯誤されているとのことでした。

例えフィールドが移っても、自分の専門分野を持って独自性を追求していればどのような現場でも仕事ができるんですね。改めて反町さんの運動指導者としてのプロフェッショナリティを聞かせていただきました。(^-^)

5/4〜5/5は西伊豆で一泊してきました。魚介がめちゃくちゃ美味しかったです。特に金目鯛の煮付けに感動しました。民宿石松のご主人と奥様、どうもお世話になりました。m(_ _)m

あと印象的だったのが、黄金崎クリスタルパークです。こちらはガラスアートの美術館で、ステキな現代ガラスアートを鑑賞できます。作品のなかに万華鏡コーナーがあったのですが、これが圧巻!やはりプロのアーティストってすごいですねぇ。

そんなわけで今年のGWは学びあり、遊びありでとても充実していました。すっかりリフレッシュさせていただき、休み明けからは元気に仕事しています♪

posted by 堀 雅史 at 10:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩、お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

今年のGWその1 八郷で座禅と鍼稽古

GWを経て、一気に初夏の陽気になりましたね。今年のGWは、学びあり遊びありと、とても充実していました。今日の休み明け最初の外来は忙しく、GWの出来事を全て書くことはできそうにないので、ひとつずつ順番に書いていこうかと思います。

まず1日(土)夜から2日(日)にかけては“いやしの道協会”の八郷接心に行ってきました。八郷は筑波山麓にある風光明媚な癒しの里です。

こちらの研修では鍼の勉強だけではなく、禅の修業内容も兼ねており、生まれて初めて座禅を経験しました。途中、数分の休憩を挟みましたが合計2時間弱おこなったと思います。案の定、様々な妄想が湧いてきてしまい、精神を鎮めることの難しさを実感しました。

早朝の読経、座禅、午前中の作務、講話などを経て午後から鍼の稽古でした。今まで僕が学んできた鍼とは全く性質の異なる流儀でしたが、それこそ今の自分が求めているものだと感じました。ご縁によって示された道標ですから、しっかりと身につけられるように一生懸命、稽古していきたいと思います。

ここ近年、年度の変わり目に毎年新しいことを始めていますが(特別意識しているわけではないのですが、結果的に)、今年も例にもれず全く新しいチャレンジをすることになりました。これからも日々精進です。それがとても楽しいことに思えます。

3日は昨年3月までTJK東中野センター腰痛対策室で一緒に仕事をしていたフィジカルエデュケーターの反町誠さんと会いました。それはまた次回に書きます。
posted by 堀 雅史 at 20:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする