2011年06月29日

治療室の花 2011.6.29

昨日から治療室にある花です。暑いのであまり長持ちはしませんが、やはりあるといいものです。

hana20110629.JPG
posted by 堀 雅史 at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明月院

今日も蒸し暑いですね。
日曜日に、鎌倉の明月院で撮ってきた写真です。

meigetuin1.jpg

meigetuin3.jpg

meigetuin2.jpg

姫アジサイが満開でした。

meigetuin4.jpg

花想い地蔵だそうです。癒し系ですね。
posted by 堀 雅史 at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩、お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

恩師と銀座ライオンへ

昨日は、専門学校生時代からず〜っとお世話になっている恩師ご夫婦と、銀座ライオンでビールを飲んできました。楽しいひとときでした。

途中まで飲んでしまった後ですが、ブーツグラス(700ml)でいただいた生ビールです、美味しかったです。一応飲み方があって、最初は爪先を手前にして飲まないと、顔にザバ〜ッと来るそうです(笑)。で、くるぶしまで飲んだら踵を手前にして、最後まで飲み干すのだそうです。

お料理も一品一品美味しかったです。さすが老舗。(^-^)

buutsbeer20110623.jpg

posted by 堀 雅史 at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ステキなお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

実は先日、五周年迎えてました。(^^;)

多忙にて、書くのが遅くなってしまいました。

実は先週の土曜日、6/11は『ほり鍼灸専門治療室』の開業記念日であり、お蔭様で5周年を迎えました。

ご挨拶が遅れてしまいましたが、治療に来てくださる皆様のお陰で、今日まで続けてくることができました。心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

この仕事は、僕のことを信頼して治療を受けてくださる人がいるからこそ成り立つものです。今後もその信頼に応えられるように、日々精進を続けたいと思います。

ちなみに6/11は、3/11と9/11の真ん中に当たる日なのですね。それで、この日は希望の持てる日にしようと言うことで、方々で反原発デモで行われたようです。

2006年に開業した時には、6/11がそのような日になるとは思いもしませんでした。

だからと言うわけではありませんが、改めて『ほり鍼灸専門治療室』は関わる人が幸せになる場であるようにしたいと思います。

まず僕にとっては今後も、大好きな仕事であり、ライフワークでもある、鍼灸求道の場。堅い言い方をしていますが、これはとても楽しく幸せなことなのです。

そして、治療という仕事を通じて、ご縁のある方々とこの幸せを共有できる場にしたいと思っています。もちろん、患者さんの症状が楽になるために治療させていただくわけですが、その根底の心持ちとして、このように思っているのです。

今後とも、末永くよろしくお願い申し上げます。

hana20110611.jpg

≪現在の治療室の花です。≫
posted by 堀 雅史 at 20:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

初体験♪

6/4、6/5は、八郷接心に行ってきました。今回は、初の『典座(炊事係)』を担当させていただきました。

極めて非日常的な経験でしたね〜。大変勉強になりました。

まず精進料理(絶対肉禁止ではありませんが)のメニューを決定して16人分の食材を適量用意しました。また、食材が極力無駄にならないよう、余りなく使い切るようにもします。それなりにテクニックが求められました。

そして最も難しかったのが、接心のスケジュールに合わせて、料理を仕上げるということ。また、それが美味しいタイミングでできなくてはならないこと(麺をゆでるタイミングなど)。

どの時点で、どこまで作業が完成していなくてはならないかを考えながら作業する必要がありました。手元の作業だけに集中してしまっては、それはできません。否が応でも、全体を見通す広い視点が求められます。

正直、自分の力量ではそこまでできませんでしたが、助手のM先生の完璧なサポートで、なんとかやりきることができました。感謝感謝です。

もちろん典座を務めつつ、鍼の稽古もしっかりさせていただきました。接心の後は、師の手さばきのイメージが鮮明に残っているので、それが臨床に反映されます。

今回は、さすがにちょっと疲れましたが、お蔭様で昨日も今日も良い治療ができています。改めて、ありがたい場であると感じます。