2012年05月28日

モジョモジョ

昨日の夕方は、全生庵の座禅会にいってきました。いろいろ用事があり久々の参加でしたが、やはりよいところですね。

座禅会の前には、根津、千駄木間をちょこっとお散歩しました。先日、患者さんに教えてもらったパン屋さん「ボンジュールモジョモジョ」に行ってきました。

googleマップを頼りに向かいましたが、路地に入るところにこんなカワイイ看板が。迷うことなく、たどり着けました。

mojomojo20120527.jpg

お店の方は、一目でこの看板のモデルの方とわかりました(笑)。17時過ぎにいったので、もう売り切れちゃってるかな?と心配でしたが、三色パンがありました。ジャムと粒アンとクリームのオーソドックスな三色パンでしたが、フワフワ、モチモチな感じで、とても美味しかったです。
posted by 堀 雅史 at 19:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

昨日は

昨日は、縁ある治療院グループさんの勉強会にて講師をさせていただきました。僕の鍼灸師キャリアは主に臨床活動ですが、教える仕事も途切れることなくいただいています。有難いことです。

ここ数年は新しい治療法の勉強に集中していて、インプットの比重が増えていたので、久々のアウトプット仕事になりました。月1ペースでしばらく続けて担当させていただく予定です。

鍼灸師になって12年ちょっとになりますが、以前と比べれば人の身体、生命というものが、いかに力強くて偉大であるか、同時に曖昧で不確定なものなのかが解ってきたつもりです。

医学書に載っている事柄で全てを説明することはできませんし、「ここに鍼すれば治ります」みたいに短絡的に事が運ぶわけではありません。もちろん治療における理論体系はあるのですが(膨大なまでに)、臨床の場において肝心なのは、如何にして定石を個々の患者さんに合わせられるかです。

それができなければ、その“理”を役立てることはできません。目の前にある身体が主人公です。それとのやりとりは紛れもなく“Art”です。

そういう微妙(みみょう)なことを考えないでやっていた頃の方が人に伝えるのは簡単でしたが、今の自分はそれを抜きにして鍼灸を語ることはできません。そして、せっかくそういう自分になったのだから、そういう自分らしいアウトプットができるよう、試行錯誤していこうと思っています。

現在のお花は芍薬です。買ったときは蕾でしたが、今朝はとてもキレイに開いていました。

hana20120517.JPG
posted by 堀 雅史 at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

昨日は鎌倉に

昨日の午前は鎌倉、円覚寺の説教会と座禅会にいってきました。

いつもながら、横田南嶺官長のお話は素晴らしかったです。お話のなかでよく引用されるのが、仏教詩人としてご高名な坂村真民先生の詩です。どの詩も琴線を揺さぶられます。じっくり読むために、先日詩集『念ずれば花ひらく』を購入しました。

円覚寺境内は新緑で溢れ、緑の光に包まれていました。

kamakura201205133.jpg

kamakura201205132.jpg

座禅会の後は隣の鎌倉駅まで歩き、スタバ鎌倉御成店へ。明後日、久々に勉強会の講師をやることになっているので、その準備をしていました。テラス席から見える景色がこれまた美しかったです。

kamakura201205131.jpg

良い休日でした。





posted by 堀 雅史 at 14:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩、お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする