2015年06月08日

福岡での1週間

先週は6/1〜6/6の1週間、福岡で泊まり込みのワークショップを受けていました。鍼灸に関する研修ではありませんが、とても多くの気づきがある有意義な1週間でした。

長期間の休診となってしまいましたが、これからよりよい治療をさせていただくことで、その分を皆様にお返ししていきたいと思っております。

それからワークが始まる前の5/31に、薬院で誠花堂を開業されている河原燈観先生にお会いすることができました。

河原先生は「いやしの道」の先輩で、入門当初から切磋琢磨させていただいていましたが、約4年前に福岡に移られてからは年に1〜2回しかお会いする機会がありませんでした。

と言っても、あまりゆっくりできる時間がない場合も多かったので、今回ほどお互いの近況や鍼灸の研鑚について、心ゆくまで語り合えたのは久々でした。おおいに刺激を受け、また元気をもらいました。志を同じくする「同志」の存在とはしみじみ有難いものです。

Image1370.jpg

後の書は「一鍼貫乾坤」と書かれています。僕たちの祖師、横田観風先生が書かれたものです。


posted by 堀 雅史 at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする