2011年06月07日

初体験♪

6/4、6/5は、八郷接心に行ってきました。今回は、初の『典座(炊事係)』を担当させていただきました。

極めて非日常的な経験でしたね〜。大変勉強になりました。

まず精進料理(絶対肉禁止ではありませんが)のメニューを決定して16人分の食材を適量用意しました。また、食材が極力無駄にならないよう、余りなく使い切るようにもします。それなりにテクニックが求められました。

そして最も難しかったのが、接心のスケジュールに合わせて、料理を仕上げるということ。また、それが美味しいタイミングでできなくてはならないこと(麺をゆでるタイミングなど)。

どの時点で、どこまで作業が完成していなくてはならないかを考えながら作業する必要がありました。手元の作業だけに集中してしまっては、それはできません。否が応でも、全体を見通す広い視点が求められます。

正直、自分の力量ではそこまでできませんでしたが、助手のM先生の完璧なサポートで、なんとかやりきることができました。感謝感謝です。

もちろん典座を務めつつ、鍼の稽古もしっかりさせていただきました。接心の後は、師の手さばきのイメージが鮮明に残っているので、それが臨床に反映されます。

今回は、さすがにちょっと疲れましたが、お蔭様で昨日も今日も良い治療ができています。改めて、ありがたい場であると感じます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック