2013年08月20日

夏の終わりに

猛暑が続きますね。昼間は相変わらず熱中症に要注意ですが、同時に冷房と冷たい飲み物で足先とお腹が冷えている方も多いようです。体温調節は難しいですね。皆様、ご自愛ください。

しかし、夜になるとようやく涼しさを感じるようになってきました。徐々に日も短くなり、吹く風にもどことなく秋らしさを感じる気がします。昨日は酒屋さんのビール売り場に秋系の銘柄が並んでいました。私は夏から秋にかけての時期が一番好きなので、これからの季節の移り変わりが楽しみです。

氷室京介さんの「魂を抱いてくれ」の歌詞に「原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った」という歌詞があります。

楽しくはじけた夏が終わる寂しさ、熱さから解放される安堵感、秋ならではの美しさが見えはじめる嬉しさ・・・、いろいろな心境が混ざって、秋の色になるんですね。

久々の更新に、とりとめのないことを書きました。現在のお花は久々のトルコキキョウです。

hana20130820.JPG
posted by 堀 雅史 at 12:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

願うとしたら

今日は七夕ですね。

わざわざ、笹と短冊を飾りはしませんが、仮に願い事を一つ書くとしたら、「皆が幸せでありますように」と書こうかと思います。

子供っぽくも聞こえますが、祈りについての科学的な研究によれば、具体的な願望を求めるような祈り(指示的な祈り)よりも、不偏的な幸福を願うような祈り(非指示的な祈り)の方が効果的なのだそうです。

というわけで、「皆が幸せでありますように」は細かい話抜きの万能の祈り方なのだと思っています。
posted by 堀 雅史 at 15:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

おめでとうございます。

ステキなニュースです。
おめでとうございます!(^-^)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110427/dst11042709200003-n1.htm
posted by 堀 雅史 at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

行ってきます。

今日はこれから、八郷接心に行ってきます。

そして明日夜に帰宅したらすぐに深夜バスに乗り込み、宮城県岩沼市に行き、4/7まで鍼灸施術ボランティアに参加してきます。ハードな日程ですが、がんばってきます。

帰ってきたら、改めていろいろ書こうと思います。

hana201142.jpg

posted by 堀 雅史 at 13:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

今、ここで、できることを

今、この状況で東京都心部にいる私達は何をすべきか?

小さいことと思われるかもしれませんが、一人一人が自分の手が届く範囲で「思いやりを表に出す」ことが大事だと思います。

駅の混雑をみて、つい「我先に」と思ってしまうのも、スーパーの空の棚を見て「今の内に確保しなきゃ」というのも、自分可愛さではありますが、人は誰でもそういう部分を持っているものでしょう。

ですが、そんな状況で、互いに譲り合う人の姿を目にしたら、ハッと我に返るところがあるのではないでしょうか。不安にかられ(無論、被災地とは比べるべくもないですが)、視野が狭まっていることに気付かされるのではないでしょうか。

道を譲る、ちょっと会釈をする、相手を気遣う言葉をかける、そんな些細なことであっても、そこから「思いやり」を感じられれば、不安から離れることができるのです。

善意は善意を触発するものだと思います。小さな思いやりが、買占め防止や節電を促し、それの積み重ねが、被災地への大きな支援につながるはずです。一人一人の意識の在り様が、現実的な支援の原動力になるはずです。

ただ今現在、自分がいる場所で、自分に出来る最善を尽くすしかありません。
posted by 堀 雅史 at 11:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。いつもブログをチェックしてくださってありがとうございます。

皆様は年末年始、如何お過ごしでしょうか?僕は、楽しく飲み歩いております。(笑)
年末は仲間や恩師と忘年会。年明けも新年会の予定がいくつか・・・。4日から仕事始めですので、頭と手がお馬鹿にならないようにしなくては・・・。(汗)

こんなふうに楽しい時間を一緒に過ごせる人が大勢いるのはとっても幸せです。色々な人達のお世話になって、今の自分があるんだなぁ〜と改めて感じます。本当にありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとって良い一年でありますように!
posted by 堀 雅史 at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

鍼灸師の求人サイトご紹介

株式会社インターネクスト様から鍼灸師求人サイト紹介のご依頼をいただきました。

今の時期、職探しをされている方は多いですよね。僕の知り合いでもいます。

どこでどうご縁がつながるかわかりませんので、ありがたくご依頼承ることにしました。

http://www.harikyu-job.jp/

皆様がよいご縁で結ばれますように。





posted by 堀 雅史 at 17:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年もいろいろな方のお世話になり、大変充実した一年を過ごすことができました。

治療院に通ってくださっている患者さん、
筑波大でご一緒させていただいている先生方と患者さん、
勉強会の講師を勤めさせていただいているはちがさき接骨院の先生方、
身体教育研究所でお世話になっている先生方と一緒に稽古させていただいている皆さん、
職場は解散したけれど今もつながりが続いている元TJK東中野保健センター腰痛対策室の先生方、
クォンタムタッチのワークショップでお世話になった先生と仲間達、
その他、多くの友人、恩師、
そして何より大きなサポートをしてくれた家族、

思えば年々関わる場が増えてきているので、こうして数え上げてみると本当に多くの方々に支えられているのだと実感します。そんな皆様のご厚意に恥ずかしくないように、今年もがんばって仕事をしたいです。

今年もいろいろと楽しい仕事が入ってきています。自分にとって全く新しいこともあり、それらをどのように務めていくか、考えていると今からワクワクしてきます。

鍼灸師になってもうすぐちょうど10年ですが、こうして毎日鍼治療をすることが自分の生業となっていることが本当に有難いことなんだと改めて感じます。2010年もその楽しさを存分に味わいながら、精進していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

このブログを見てくださっている皆様にとってもよい一年であることを願っています!
posted by 堀 雅史 at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

ふたご座流星群

昨夜、流れ星みました。嬉しいもんですね。(^-^)

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091215/trd0912150106002-n1.htm
posted by 堀 雅史 at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

シクラメン

法政大学専任講師の泉重樹先生から、開業祝いにといただいたシクラメンがとっても元気です。治療室のバルコニーで2週間以上、花を満開させています。あまりに見事な咲きっぷりなので写真におさめておきました。

sikuramen.JPG
posted by 堀 雅史 at 12:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

集中力

この前読んだ、羽生善治さんの『決断力』に、集中力についてのくだりがありました。羽生さんいわく、深い海にスキンダイビングするようなものだとのことです。いきなり深くは潜れないのだそうです。少しずつ水圧にならしていかないと深くは潜れない、あせって潜ろうとしても、浅瀬でバタついてしまうだけだと。ゆっくり、段階的に集中力を深化させることで、どんどん深く入れるのだそうです。

先日、それをふと実感しました。ほんとうにそうだなぁ、と。

治療院のことでちょっと考え事をしていたときのことですが、ある段階で思考を練っていて、それが充分に練りあがるとそこに到達する前までは、まったく思いつかないような思考が浮かんでくるんですよね。

『あ、一段深く潜ったかな』と思いました。潜るまえには、絶対に入れないような思考にいくんですよね。で、それまで気になってた雑念はなくなっちゃうんです。すると、ものすごくクリアーに思考回路が働いて、『あぁ、これで解決じゃん』というところにけっこうあっさりいけちゃったりするんです。潜る前と後では別の人なんじゃないかと感じるくらいに・・・。

今までも、こういうことはあったのかもしれないけれど、羽生さんの本を読んだ後だったので、『アレって、このコトかな?』と思ったわけです。

ちょっと話が飛びますけど、集中するっていう意味の“没頭”とか“没入”っていう言葉がありますよね。あれってまさにこの潜っていくイメージをそのまま表したような感じがするんですよね。自我を没するというか、自分の内側に没していくというか・・・。言葉って、うまく表現されていますよね。
posted by 堀 雅史 at 11:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

僕の二十歳頃

僕はあまりドラマは見ないのですが、最近日テレの『バンビーノ!』を見ています。面白いです。

自分の二十歳頃を思い出してしまいます。僕は高校を出て、すぐにこの業界に入り、18歳のころから接骨院でパートで働かせてもらっていましたが、仕事のなんたるかをまるでわかっていなかったですね・・・。そこの院長にはずいぶんお世話になりました。いろいろ迷惑かけたんじゃないかと思っています。

松本潤君ふんするあの主人公ほどひどくはなかったと思いたいけれど・・・。

そして21歳で鍼灸師免許をとって、筑波大学の研修生になりました。当然、免許とりたてだから治療技術なんてぜんぜん下手っぴだったんですが、とにかく治療がしたかったですね。一人でもたくさんの患者さんを診たかったし、一本でも多く鍼を刺したかった。今思うと、危なっかしかったですね。

幸い、指導教官の先生方のおかげで、今まで無事に臨床を続けてこれました。先生方には本当にお世話になりましたし、患者さんにも育ててもらったのだと思っています。ほんとうに。

研修生の頃は、技官の先生によく飲みに連れてってもらってました。いつも同じ店で、“古明地(コメジと読む)”という実に庶民的な居酒屋でした。いい店でしたね〜。

そこで言われて、ずっと心に残っているのは、『堀君、先輩にお世話になった分は、先輩にかえさないでいいから、同じことを後輩にしてやりな。それが筑波の伝統だよ。』という言葉です。

僕は鍼灸師としては、とても恵まれた環境で経験を積ませてもらってきたと思っています。いつになるかわからないし、どういう形になるかもわからないけれど、自分が伝えてもらったエネルギーを、いつか他の誰かに伝えられるようになりたいと思っています。
posted by 堀 雅史 at 13:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

ケータイサイト開設しました。

ケータイ用のホームページを作成しました。
幅広い機種でアクセスしていただきたかったので、
シンプルなつくりになっていますが、
どしどしご覧下さ〜い!(^o^)
http://hori.huuryuu.com/

QR_Code.jpg
posted by 堀 雅史 at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

確定申告

今日、税務署に確定申告書を提出してきました。開業したのが去年の6月なので今回が初めての申告でした。

僕は開業するまでは、専門学校の職員としてサラリーマンをやっていましたから、確定申告は自分では一度もやったことがありませんでした。よって経理の知識はまったくのゼロです。

しかし、今回は会計ソフトという心強い味方のおかげで何とか無事、申告をすませることができました(もちろん青色です)。パソコンって本当にありがたいものですね〜。それがなかったら絶っっっ対に自分でなんかできませんでした。会計ソフト使っていても、たびたび頭がフリーズしてましたから・・・。おもわず現実逃避したくなりましたよ。ほんとに。

そんな申告書作成作業をようやく終えることができました。嬉しいです・・・。こんなにひとつの作業が終わってホッとした気分になるのは久々です。鍼灸学士の認定試験を受け終わったときくらいですね。

で、今週末は筑波大学理療科の同期会です。一仕事終えたところでフィーバーしたいと思います。
posted by 堀 雅史 at 22:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

小鳥の声を聞く

僕は、自分の治療室を経営するとともに、毎週金曜日の午後は、東中野にあるTJK東中野保健センター腰痛対策室で勤務しています。


昨日、室長と今年度の反省点や今後の方針などについて話をしたのですが、そのときに治療室全体のスムーズな運営についてのアドバイスをいただきました。

 腰痛対策室では、施術の前後に特殊な身体測定をするので、大勢の患者さんが同時に入れ替わる際には測定室が込み合い、若干お待たせしてしまうことがあるのです。

一人一人の患者さんへの施術に集中すると同時に、治療室全体の運営についても意識を向けるということは、それなりのコツがあります。

ふとこんなエピソードを思いだしました。NHKの大河ドラマ『宮本武蔵』で、武蔵が初めて柳生石舟斎と対峙するシーンです。武蔵は殺気をむき出しにしながら、石舟斎に向かっていくが、軽くあしらわれてしまう・・・。そこで石舟斎が一言。

『武蔵よ。小鳥の声が聞こえたか?』

狭い視野にとらわれて、力んでいてはかえって隙だらけになる。小鳥の鳴き声が聞こえるくらいに、柔らかくあれという教えなのでしょう。それを機に、武蔵は大きく成長していきます。

これは、治療室の運営にも通じることだと思いました。仮に自分の持ち場のみに視野を限定してしまったとしたら、まさしく小鳥の声が聞こえない状態でしょう。

治療室のスムーズな運営のためには、全体の状況、雰囲気をリアルタイムで感じ取りながら、その時々において、もっとも適切な調整をしていく必要があります。そして、結果的にはそれが一人一人の患者さんに丁寧な施術をしていくための時間的余裕につながるのです。一つ一つの仕事を他とを分断してしまっていては、どんなにいい仕事ができたとしても、全体としての調和がとれるとは限りません。

ひとつひとつの仕事に集中する自分。そしてその一方で、常に一歩引いた視点で全体を俯瞰する自分とを両立させなくてはなりません。それを実践するためには、小鳥の声が聞こえるくらいに、柔らかく構えているのがいいのかもしれません。

posted by 堀 雅史 at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

ハッピーな結婚パーティー

昨日、高校時代の友人の結婚パーティーにいってきました。
  


彼に会ったのは実に、8年ぶりです。

高校卒業後、2年目くらいまでは、時々会っていましたが、
 

その後はお互い仕事が忙しくなったりして、すっかりご無沙汰していました。
 

 
そして、8年ぶりにもらったメールが

「久しぶり。突然だけど結婚しました。」

 だったのです。驚いた・・・。そして実にめでたい!

 


パーティーは錦糸町で、スタートは3時から。

久しぶりに会うバドミントン部友達ともゆっくり互いの近況を話せました。

(堀は高校時代、バドミントン部でした。)

 


そして、新郎の大学時代の友人、新婦の友人も大勢来ていたのですが、

彼らとも色々な話で、盛り上がりました。

はっきり言って、こんないい人ぞろいの酒の席は久々でした。

楽しかった・・・。

 
 

新郎はとてもいい男ですし、新婦もとてもステキな方でした。 

つくづく「類は友を呼ぶ」ものだと思います。

あんまり楽しくて、2次会、3次会とやっているうちにあっと言う間に11時過ぎ。

 


そんなわけで、昨日はとてもいい日でした。

午後の診療を休診にしてでもいってきてよかったです。

一生に一度のイベントだもんね・・・。

 


主役のお二人、どうぞお幸せに!

 
posted by 堀 雅史 at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする