2009年05月26日

道はいろいろ

昨日、国際鍼灸専門学校の卒業生の方が治療室を訪ねてくれました。卒後数年は病院や治療院でお勤めされていたのが、思うところあって現在は中小企業診断士を取得し、中小企業の経営サポートを主な仕事とされているそうです。いずれは治療院や整骨院の経営サポートも考えていきたいとのことでした。

鍼灸学校をでた方のなかにも、その後色々な分野にすすまれる方がいらっしゃるんですよね。僕の同期では鍼灸師になった後にイラストレーターになった方もいます。その方は、一般のイラストレーターよりも解剖学や経絡経穴(ツボ)の知識などでアドバンテージがありますから、健康雑誌のお仕事を引き受けることが多いと聞きました。

どういう経緯でその人ならではの道が開けるのか、わからないものですよね。でもヒトそれぞれ『この経験がなかったら、こっちの道には来なかった』っていうことはあるでしょうから、無駄な経験って一つも無いんだとつくづく思います。

結局未来の展開は考えたってわからないのだから、その時その時を精一杯過ごすだけですよね・・・。そうすればどんな未来がやってきても悔いなく清々してられます。

話は変わりますが、今日は治療室の受付を5時でしめてスポーツ傷害の勉強をしてきます。人生初、クラシックバレエのレッスンを受けてまいります。

posted by 堀 雅史 at 12:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

イベント目白押しでした。

先週末は年度末のイベントが目白押しでした。

金曜日はTJK東中野保健センター腰痛対策室での最後のお仕事でした。患者さんの治療と腰痛対策室14年間分のデータの打ち込みの仕上げで大忙しでした。

その後は、皆さんで東中野おなじみのnooでお食事会でした。長年お世話になった室長の堀紀子先生と足の専門家、釜中明先生にはメンバーから花束をプレゼントしました。

hanataba1.jpg

hanataba2.jpg

東中野は楽しい職場でした。3年間、本当にありがとうございました。



翌日土曜日は治療室の外来終了後、平井まで移動し、東美代香先生矢野健太郎先生土門奏先生とお食事会でした(もともとはお花見の予定が皆さんの都合で食事会になりました)。

東先生とは昨年、矢野先生のご紹介でお会いして以来、たびたびお付き合いさせていただいています。臨床歴40年以上の大ベテランの先生で、開業鍼灸師の大先輩です。いつも大変貴重なお話を聞かせていただき、お会いするたびに元気をいただいています。

平井で飲み会をするときは、駅前ローソンとなりの2Fにあるいつも決まったお店にいっているのですが、この日は裏メニューのソフトシェルクラブをいただきました。このお店ははっきりいって超スゴイです。料理うま過ぎです。

softkani.jpg



そして昨日日曜日は、筑波大学理療科教員養成施設で僕が4月から所属することになるグループの送別会でした。久々にお会いした恩師の先生、引継ぎでお世話になった前任の先生、久々にあった同期の先生、初めて会う最近の研修生の皆さん、などなどにぎやかなメンバーと楽しい時間を過ごしました。



そんなわけで、4月からは今まで東中野にいっていた金曜午後は治療室を開け、木曜日は終日治療室を閉めて筑波大で非常勤講師をさせていただきます。

毎年のように診療時間を変更してしまい、患者さんには解かりずらくて申し訳ありません・・・。しかしいろいろなフィールドでの臨床経験を積むことで技術と知識は磨かれていきますので、よりよい治療ができるようになるという意味で必ず患者さんに還元できると思っています。これからもよろしくお願いいたします。

今年は鍼灸師として10年目、開業してからは4年目の年です。今までもそういうことが多かったのですが、やはり3年というのはひとつの区切りなんでしょうね。また新しい気持ちでがんばっていきたいと思います。


posted by 堀 雅史 at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

つくし会創立総会

昨日は筑波大学理療科教員養成施設理療臨床部同窓会“つくし会”の創立総会でした(フルネームで言うとめちゃ長いですね・・・)。

詳しいレポートは活動報告ブログをご覧ください。

昨年の8月から幹事の一員として同窓の先生方と一緒に準備をしてきましたが、やっぱり会をひとつ立ち上げるっていうのは大仕事ですね・・・。いろいろ勉強になりました。

とりあえず今は、無事総会を終えることができ、ホッとしています。


posted by 堀 雅史 at 17:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

約5年ぶりに

昨日は、約5年ぶりに会う友達Kさんのお宅にいってきました。

以前一緒に鍼の勉強をしていた仲ですが、現在はお互い開業しており、長い間連絡を取ることもありませんでした。

それが、患者さんを紹介するので久々に電話をした時に「今度ゆっくり話そっか」ということになりました。

Kさんとは、初めてあったときもなんとなく「このヒトとはご縁があるんだなぁ」と思えるヒトでしたが、昨日も改めてそう思いました。

久々にあったとは思えないほど、話が通じ合うんですよね。あんまりヒトに言わないようなことまで「あ〜そうだよね〜!」って感じ。細かい説明をしなくても、お互いの言いたいことがだいたい解かり合えました。

自分をフルオープンにできる友達がいるってのは本当にありがたいことですね。
posted by 堀 雅史 at 15:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

田河先生のカイロ受けました。

昨日はユニバーサルセンターで田河大史先生のカイロプラクティックを受けてきました(TJK東中野保健センターはお盆休み)。

常日頃から自分の身体の歪みは感じており、大まかな歪みは自分で整えていましたが、細かい歪みは自分じゃわかんないですね。すみずみまで診察&治療していただき、身体のなかで滞っていたものがなくなりました。ん〜今日は快適だ♪

最近、田河先生とは治療哲学についてよく語り合います。けっこう熱く語っちゃいます。

鍼で言うところの『自然治癒力を活かす』という概念をカイロでは『ユニバーサルとつなげる』というらしいです。コトバは違いますが、一脈通じるところがあるような気がします。

やはり人の身体という同じものを観て考えたことですから、西の人が観ても、東の人が観ても、根本まで極めていけば同じところに辿り着くんでしょう。

つくづく、人の身体っていうのは単なる物体じゃないと思います。生きてるってこと自体がエライことですね。で、その生きてることの一番根っこはもはや意識以前のモノなんですよね。そういうものを言葉にしようとすると『気』とか『ユニバーサル』っていうような、いささかつかみどころのない言葉になってしまうのでしょう・・・。

本当は意識以前のものを言葉に置き換えるっていうのはできないんだと思います。置き換えてしまったら、別のものなんです。たぶん。だから、アタマで考えるより身体で感じるのことの方が確かだと思う今日この頃なんです。

その後は、お墓参りに上京した青木先生、大内先生、矢野先生達と合流。皆で楽しくビール飲みました。
posted by 堀 雅史 at 09:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

田河大史先生の治療室、ユニバーサルセンター開業祝い

昨日は、田河大史先生の治療院、ユニバーサルセンター(カイロプラクティック&鍼の治療室です)の開業祝いにいってきました。筑波大学理療科教員養成施設の同窓生が久々に大集合です。

ユニバーサルセンターは千代田線代々木公園駅、小田急線代々木八幡からすぐ近くの好アクセスで、とてもステキな町並みのなかにありました。治療室は土地柄にピッタリのメチャクチャセンスのいい雰囲気でした。

≪受 付≫
20080803172252.jpg

≪待合室≫
Image121.jpg

≪治療ブース≫
Image119.jpg

≪そこらじゅう勝手に物色♪≫
Image120.jpg

≪お祝い品贈呈!≫
20080803170626.jpg

治療室見学のあとは、お祝いパーティー(兼納涼会)です。みんなでビール飲みまくりでした。飲み放題でよかった!
posted by 堀 雅史 at 10:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

TJK東中野保健センター腰痛対策室の皆さんと納涼会

昨日は、TJK東中野保健センター腰痛対策室の皆さんと納涼会をひらきました。

TJKメンバーはとっても仲良しなんですが、なかなか全員の都合が合わず、ようやく飲み会をひらくことができました(なんと新年会が延期に延期を重ね、納涼会になってしまったんですね・・・)。

外来終了後、みんなで新宿へ移動し靖国通りへ。昭和レトロがコンセプトの一風変わったお店にいきました。

昭和風インテリア圧巻でした・・・。昭和30年頃の設定っぽかったです。当時のポスターとか看板がそこらじゅうに飾ってありました。テレビとか、扇風機とかも飾ってあったりして。テレビって昔はチャンネルをガチャガチャ回してましたよね。扇風機もなんともいえないボテッとしたデザインで・・・。

僕は昭和53年生まれですから、物珍しいのと懐かしいのが半々くらいでしたね。ガチャガチャテレビはむかし家にありましたね〜。ところで「チャンネルを回す」って言い方、今でも使うんでしょうか?今、回さないですよね。やっぱり言葉はその時代の文化の反映なんですねぇ。

料理は『昭和焼き』が一番美味しかったです。粉モノなんですが、クレープともんじゃ焼きの中間みたいな感じです。ホッピーととても合いました。

Image112.jpg

左から、鍼灸師の中野智子先生、室長の堀紀子先生、健康運動指導士の反町誠先生です。

posted by 堀 雅史 at 10:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

下駄&ふじい整骨院&大国魂神社in府中

昨日は府中に行ってきました。

甲野善紀先生が一本歯の下駄が腰痛、膝痛に良いといっておられたので、まずは自分で購入し試してみようと思いました。それで府中にとても良心的な履物屋さんがあると聞いたのです。

家を出て、京浜急行のホームで電車を待っていたら、とつぜん専門学校時代のクラスメートTさんからTELがかかってきました。

「本日の予定は?」という話だったのですが、府中に向かってるとことだと伝えたら「藤井君(同じくクラスメート)がそこら辺で開業準備中らしいよ」という話に。

へぇ〜、それは奇遇。こういう偶然があるときはだいたい面白い展開が起こるので、さっそく藤井さんにTEL。ちょうど今内装準備中の整骨院にいる、とのことで見学させてもらえることになりました。

新宿から京王線準急でサクッと府中へ到着。府中は高尾山に行くときに通過するだけで、一度も下車したことがなかったのですが、駅を出るとすぐに大国魂神社(オクニタマジンジャと読むらしいです)の参道があって、とても気持ちのいいところでした。

まずは当初の目的である履物屋さんへ。プリントアウトしてきた地図を藤井さんに見てもらい、あっさり履物屋さんに辿り着きました。一人だったらけっこうてこずっていたかも・・・。とても感じのいい御主人が対応してくれ、ちょうどいいサイズの下駄を手に入れることができました。さしあたりルームシューズにしようと思っています。

そのまま『ふじい整骨院』へ。駅から徒歩1分くらいの非常にいい物件でした。内装はほぼ出来上がっていて、これからいろいろな機材が入ってくるところだそうです。とてもリラックスできる空間だったので、雰囲気のいい整骨院が出来上がるんじゃないかと想像してしまいます。

藤井さんと話していて、自分が開業するときのことをいろいろ思い出しました。とてもワクワクする気持ちと未知の世界に踏み込む不安感が入り混じっていました。今度の6月で開業してちょうど2年になりますが、それなりにいろいろと経験できました。

いろいろあったから、今は淡々と日々過ごせるようになったんだと思います。少なくとも以前よりは。やっぱり開業できて、こういう現在があるのは幸せです。

見学の後は遅めのランチを食べ、大国魂神社にお参りしてきました。ついでにおみくじまでやっちゃいました。僕のも藤井さんのもけっこう嬉しいことが書いてあり、元気でましたね。お互いがんばりましょう。
posted by 堀 雅史 at 11:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

宮本研究室の忘年会

昨日は、宮本俊和先生の研究室の忘年会でした。総勢20名、全員鍼灸師です。濃い集団ですね〜。

僕は筑波大学に通っていたのは2004年度までだったので、かなり久々に顔を合わせる人もいたのですが、3年近くたつと人間けっこう変わるものですね。

4年前に初めて会った大学院生の方はすっかり一人前の研究者になっていたり、もと国際鍼灸専門学校の学生さんだった方が筑波大の大学院や理療科教員養成施設に進学して、臨床、研究に携わっていたり・・・。皆さん立派になっていてちょっとビックリでした。その他、恩師や先輩の先生方もそれぞれの分野で元気にご活躍でした。

それで、改めて感じたのは“みんなそれぞれの道を歩いているな〜”ということです。

それぞれの道を歩いているのは、ある意味当然のことかもしれませんが、僕自身が開業鍼灸師として生きていく覚悟が以前よりも確固としたものになってきたので、なおさらそう感じたのかもしれません。

昨日は全員鍼灸師でしたが、臨床、研究、教育と、それぞれ異なる分野で活躍している人達でしたし(ちなみに、必ずしもどれか一つの分野しかやってないわけではありません。いろいろやってるなかで、その比率が違うという方がほとんどです。)、その中でもみんな一人一人違うテーマをもって、それを追求しているわけです。

やっぱりテーマをもって生きている人ってステキですね。

具体的な仕事内容が違っていても、ひとつのテーマを追い求めてる姿勢っていうのは一緒にいると感じるものです。そういう人同士だと、お互いの仕事を素直に「いい仕事してるね」っていえるものです。意見交換もすごく熱くなるんだけど、熱くなりつつも爽快なんですよね。

こういう感覚と、前回お話した宮本先生の言葉「臨床も研究も教育も愛がなくっちゃね」が自分のなかではリンクするんです。うまく言葉にするのは難しいのですが・・・。

そんなわけで昨日の酒はうまかったです。そして今日も楽しい臨床です。
posted by 堀 雅史 at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

臨床も研究も教育も、愛がなくちゃダメだよね

先週末、ある恩師の“ご病気からの回復を祝う会”というのがありました。

その先生は今年の夏前に体調を崩され、しばらく療養されていたのですが、近頃無事現場に復帰されました。100%とはいえないとのことでしたが、お元気なご様子で安心しました。

会場は池袋のフランス料理店。東大病院や埼玉医科大学の先生方もいらしており、いろいろとお話をさせていただくことができました。普段、お会いできる機会が少ないベテランの先生方とゆっくり話ができ、とても貴重な時間でした。

二次会は、近所の居酒屋さん。6人で席をとったら、急遽3人増え、6人席に無理やり9人座りました。明らかにはみ出てましたが、そんなの気にしません。すでに“飲めれば何でもOK”という雰囲気になっていましたので・・・。

メンバーは、もっともお世話に恩師の一人、宮本俊和先生、同じくとってもお世話になった徳竹忠司先生の奥様、友美先生、小手指4丁目鍼灸院の廻谷先生、そしていつもの研修生仲間という、にぎやかな顔ぶれでした。

お互いの近況報告や情報交換が盛り上がってきて、話がかなり熱い展開にさしかかってきたところで、宮本先生がこんなことをおっしゃいました。

「やっぱり臨床も研究も教育も、愛がなくちゃダメだよね」

まったくその通りで、すごい感動してしまいました・・・。知識や技術はプロとして当然大切ですが、根底に人に対する愛がなくてはそれらが活きることはないと思います。

僕は鍼灸師になって7年半になりますが、ここ最近そういうことの大切さをあらためて感じていたところです。その矢先、この上なくストレートなメッセージをきかせていただきました・・・。

つくづく、師とはありがたいものです。もっと、自分を磨いていきたいと思いました。


posted by 堀 雅史 at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

矢野先生と鍋

昨日は、午前は田町の治療室、午後はTJK東中野保健センター腰痛対策室で治療。その後、神田のプラットフォームボディケアに行き、矢野健太郎先生の治療をしてきました。

その後は神田駅近くの韓国料理屋さんで鍋をたべてきました。矢野先生とはいつもいろんな話をしますが、昨日は最近の経済について熱く語ってきました。

仕事柄、ついつい手に取る情報が専門分野に限られがちになるので、意識的に専門外のものに目を向けようとは思っています。

ここ半年くらいは経済についての本や雑誌をちょくちょく読んでいるのですが、いろいろみているうちに少しずつ「こういうメカニズムで経済は動いてるんだな」という、自分なりの仮説がある程度できてきます。

それで、そういうことを自分で考えつつ、それを人に話すと自分の考えが整理されたり、思わぬ気付きが生まれたりするんですね。

そういう気付きが本業の治療にもけっこう役立っていると思います。治療以外のことから、治療に関する気付きが得られることって意外に多いんですよね。

経済でも、治療でも、他の何事でも・・・。全ての現象には、その底流に共通する真理があると思ってます。全て人がやっていることですからね。結局、人に対する理解を深めることが全てにつながっていくのだと思います。

鍋を食べながらそういう濃い話ができる同志がいるって嬉しいことです。
posted by 堀 雅史 at 17:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

松江はりきゅう治療院

筑波大学理療科の先輩、松江泰寛先生が開業されました。

松江はりきゅう治療院
http://katy.jp/matsueharikyu/index.html

昨日は同窓生が集合して、治療院の見学会でした。
ものすごくスタイリッシュな治療院でしたよ。

CAD407L1.jpg

見学会の後は、開業祝い&暑気払いパーティーでした。

CAX0MHLZ.jpg

松江先生、お互いがんばりましょう!
posted by 堀 雅史 at 10:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

河津七滝温泉のつりばし荘

今朝、出勤前にTV東京の『朝はビタミン!』を見たら、伊豆の河津七滝温泉の『つりばし荘』を紹介していました。

じつはこのつりばし荘、6年ちょっと前に筑波大学の研修生仲間と一緒にいってるんです。楽しかったな〜。

なんだかすっごい懐かしい気分になりました。レポーターの人たちが抹茶風呂で「すご〜い!」って言ってましたが、僕らも同じこといってましたね。

当時、僕は研修生1年目でしたが、1コ上の2年目の先輩たちとすごく仲がよくて、海いったり、バーベキューしたり、よくイベントしてました。つりばし荘は、こどもべや修学旅行ってことでいってきました。

ちなみに“こどもべや”っていうのは、研修生が使ってる研究室の呼称です。研修生OBのことを“こどもべや出身”なんていったりするんですよ。

いまでも、当時のこどもべやメンバーとは年に数回集まってます。遊びも、研究も、鍼の練習も、ともに過ごした仲間って感じです。
posted by 堀 雅史 at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

久々に元同僚に会いました。

昨日は、以前の職場で同僚だった先生と久しぶりに会いました。その先生も今は独立されて、ご自分で訪問マッサージを中心に治療活動をしているそうです。

お互いの近況報告や最近感じていることについていろいろ本音でしゃべれました。治療のこと、学校教育のこと、人は何のために生きるのか、などなど・・・。けっこう深い話もしちゃいました。

それが、意外なくらいにお互いの意見が噛み合ったんですよね・・・。ここまで噛み合うとは正直驚きました。

以前からよくしゃべる間柄でしたが、実は今まであまり深い話はしていなかったんですよね。だからこんなにあっさりと、言いたいことが通じるというのは、僕にとってはけっこう意外なことだったんです。

訪問と外来の違いはありますが、同じ業種で個人経営している者同士、モノの見方が似てくるのでしょうか。いやいや、それだけじゃないですね。やはり、どこか波長が通じあうところがあったんでしょうね。

久々に会って、お互いがそういう人間だということが確認し合えて嬉しかったです。

GWは、治療室はカレンダー通りに休ませていただきました。久々にひいてしまったシビアな風邪もすっかり回復しました。

明日からまた外来。楽しみです。毎日ほんとに楽しいです。
posted by 堀 雅史 at 12:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

筑波大学理療科の同期会

昨日は、筑波大学理療科時代の同期会にいってきました。
同期のメンバーのは、教員になった人、研究者になった人、開業した人などがいるのですが、昨日はたまたま開業している人たちが集まりました。

※ホームページのリンクページに載っている先生方です。http://www7a.biglobe.ne.jp/~acupuncture/link.html

多くの情報交換ができてとても有意義だったし、何より久々に気心の知れた顔ぶれとお酒が飲めたので楽しかったです。

久々に仲間たちにあって改めて感じたことは、みんなそれぞれの“色”がはっきりしているということです。まあ、昔からみんなかなり個性的なキャラクターだったのですが(自分も含め)、各々が独立して、自分の才覚を頼りに歩み始めてから、ますますその“色”が濃くなったような気がします。

最近、人と会って思うのは、つくづく“自分の色がはっきりしている人は面白い”ってことです。自分がやりたいことが明確で、それに思いっきり没頭できるって、メチャクチャ楽しいことですよね。本人も楽しいし、その楽しさって確実に周囲に伝播すると思います。その色が何色かっていうのは関係ないですね。むしろ自分と違う色や、見たことない色の方が面白いです。


思えば、僕の治療室の患者さんもそういう方が多いような気がします。そういう方たちからは、僕の方が元気もらってますね。

昨日は、そういう人間ばっかりが集まって、終電ギリギリまでの飲んだくれコースだったので、楽しさ倍増でした。足し算的にじゃなくて、掛け算的に楽しさが倍増するんですよね。こういう仲間のことを“同志”っていうんでしょうね。

みんな若い先生(僕が最年少ですが)で、これから伸びていくところなので、お互いの今後が本当に楽しみです。みんな身体に気をつけてがんばりましょうね。これからもお互い磨き合っていきましょう。

とりあえず、僕は早く風邪を治します。(^-^;)
posted by 堀 雅史 at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

国際鍼灸専門学校の卒業生が来てくれました。

今日は、国際鍼灸専門学校の卒業生の方が来てくれました。

青森で開業されている方なんですが、用事があって東京にいらしたので、寄ってくださったとのことでした。久々に懐かしい顔が見れてとても嬉しかったです。

僕は、専門学校では臨床実習しか担当していないので、学生さんと接する機会はあんまり多くないのですが、それでも何人かの方とは不思議と縁が続いていたりするんですよね。

Kさん、お土産のお菓子とても美味しかったです。りんご以外の青森のお土産ってあまり知りませんでした。ありがとうございます。

お互い、身体に気をつけてがんばりましょう!(^o^)/
posted by 堀 雅史 at 00:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

TJKメンバーチェンジ

春は出会いと別れの季節ですね。

僕は毎週金曜日午後はTJK東中野保健センター腰痛対策室で鍼治療をしています。TJKでは鍼灸師が3人いて、そのうち1人がこの3月で退職し、新たなスタッフが入ることになりました。昨日はその引継ぎでした。

旧スタッフとは昨日が最後だったので、みんなで餞別の贈り物をしたり、寄せ書きを贈ったりしました。花束を用意してくれたスタッフもいました。

寄せ書きを書くのなんて、筑波大学の研修生のとき以来です。社会人になってからはなかったですね・・・。皆さんの会社ではいかがですか?

しかし、僕はこういうストレートな愛情表現が大好きです。こういうことが自然にできるTJKは、いい人ぞろいのとてもステキな職場です。

僕は19年度もこれまで同様、金曜午後はTJKです。水曜日の国際鍼灸専門学校の仕事も継続です。自分の治療院の休診が多くて患者さんには申し訳ないのですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(-_-)m



ほり鍼灸専門治療室
http://www7a.biglobe.ne.jp/~acupuncture/

運動器の痛み対策レポート 〜腰痛、肩こりなどに〜
http://enjoyforlifework.at.webry.info/

posted by 堀 雅史 at 00:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

新グッズ誕生

25日の木曜日、筑波大学の同窓生、

新田育子先生が治療院に来てくれました。  
 

新田先生は整形外科で鍼治療をしているのですが、

その整形外科で、

鍼治療患者さん用のパンフレットを作成することになり、

僕の治療室のパンフレットと小冊子を参考にしつつ、

作業自体も僕の治療室で一緒にやろうという話になったのです。


もともとあったものを別バージョンに作り直すだけだったのですが、

細かいところまで話し合いながら、 病院用に作りこんでいるうちに、

結局、半日近くかかりました。


しかし、その甲斐あって、
 

納得いくものができたと思います。  
 

僕が以前に作ったものは、 A4サイズの三折りパンフレットと、
 

A5サイズの小冊子だったのですが、
 

その日作ったのは、A4クリアファイルに閉じる形式でした。 
 
 

それがなかなかいいアイデアだったんですねぇ〜。
 

待合室に置いておく、患者さん閲覧用のものとしては、
 

大きくて見やすいのです。

しかも、最近のクリアファイルはカッコいいのがあるんですね。
 

とてもビジュアルのいいものができました。(^0^)

 

できあがったものを見ていたら、
 

なんだか同じものを 自分の治療室にも
 

置きたくなってきてしまいました。


そんなわけで、今日さっそく自分用も作っちゃいました。
 

しかもついでに、僕の自己紹介ファイルも作っちゃいました。  
 


その日の新田先生との共同作業で、 僕にとっても副産物が生まれたというわけです。
 

もとは以前に自分が作ったもので、
 

それの焼きまわしですから、
 

 ほんとにちょっとしたアイデアだったんですけどね・・・。
 

でも、自分では思いつきませんでした・・・。
 

やはり、人と一緒に作業すると、

自分ではでてこないアイデアがでてくるものですねぇ〜。
 


久々の友達との共同作業も楽しかったです・・・。

新田先生とは以前は、
 

よく一緒に鍼の練習をしていた間柄ですが、
 

最近はお互い忙しく、会うのも久しぶりでした。 
 


新田先生ありがとう! このできたてほやほやの患者さん用グッズを使って、
 

これからもお互いがんばりましょう!  

posted by 堀 雅史 at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆかいな鍼灸師仲間達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする