2015年10月19日

秋のイベント その1

先々週末から先週末にかけては、大きなイベントが続きました。まず10/10から10/11までの3日間は、両国KFCホールで開催された聖者サイマーのイベントに参加してきました。

サイマーさんはインドとアフリカの間にあるモーリシャス島というところのご出身です。21歳でフランス留学し、その後、科学者のご主人とご結婚され、セラピストとしての活動や政治活動を経た後、サティア・サイババに出会い、聖者としての道を歩み始められました。

私がサイマーさんに出会ったのは2013年の6月でした。妻に誘われてイベントに参加したのですが、失礼ながら当時はサイマーさんのことを全く知らず、あまり興味を持っていませんでした。

しかしその後、サイマーさんの教えと私がそれまで探究していた道がピッタリ重なるものだということが解り、それ以来、たびたびイベントに参加させていただき、勉強させていただいている次第なのです。きっかけをくれた妻には本当に感謝しています。

両国でのイベントは「セヴァ」という立場で参加しました。「セヴァ」とは、一般的な言葉で言えば「ボランティア・スタッフ」のような立場ですが、それだけではなく「無償の愛」を学ぶための最もよい修行方法なのだそうです。

その教えの通り、今回のセヴァ体験は大変貴重なものでした。業務の内容は、会場内での案内係、大道具係、受付関係、セキュリティ関係などでした。治療院にいるだけでは、絶対にやらない経験です。(笑)

イベントの成功だけを目指して、スタッフチームやセヴァチームがハートを一つにして業務に当たりました。皆さん、自分のことを顧みず、3日間無我夢中で走り回っていたと思います。

とても忙しかったですが、すごく楽しかったです。たくさんの素敵な仲間との交流がありました。貴重な学びがありました。かけがえのない充実感をいただきました。有難うございました。

今日はここまでにしておきます。


posted by 堀 雅史 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

福岡での1週間

先週は6/1〜6/6の1週間、福岡で泊まり込みのワークショップを受けていました。鍼灸に関する研修ではありませんが、とても多くの気づきがある有意義な1週間でした。

長期間の休診となってしまいましたが、これからよりよい治療をさせていただくことで、その分を皆様にお返ししていきたいと思っております。

それからワークが始まる前の5/31に、薬院で誠花堂を開業されている河原燈観先生にお会いすることができました。

河原先生は「いやしの道」の先輩で、入門当初から切磋琢磨させていただいていましたが、約4年前に福岡に移られてからは年に1〜2回しかお会いする機会がありませんでした。

と言っても、あまりゆっくりできる時間がない場合も多かったので、今回ほどお互いの近況や鍼灸の研鑚について、心ゆくまで語り合えたのは久々でした。おおいに刺激を受け、また元気をもらいました。志を同じくする「同志」の存在とはしみじみ有難いものです。

Image1370.jpg

後の書は「一鍼貫乾坤」と書かれています。僕たちの祖師、横田観風先生が書かれたものです。


posted by 堀 雅史 at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

桃と菜の花

久々に現在のお花の写真を載せます。1Fの花屋さんで「今日はずいぶん暖かいですね〜」という話をしながら注文したら、桃の花と菜の花の組み合わせをつくってくれました。

また寒い日もあるんでしょうけど、こういう日が1日でもあると、春が近づいている実感がわきます。嬉しい気持ちになります。

CIMG2355.JPG

CIMG2357.JPG
posted by 堀 雅史 at 16:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

今年もよろしくお願い致します。

1/2に帰国してから、3日に妻の実家に行き、4日に大掃除と原稿執筆、5日から診療開始してバタバタしているうちにもう8日になってしまいました。新年のあいさつがすっかり遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願い致します。

年末から約2週間、治療室を休みにしていましたが、無事ベルギーに行ってまいりました。むこうでは、ほぼ毎日ワークショップを受けており、じっくり観光したのは1〜2日ほどでしたが、とても充実したひと時でした。

非日常を過ごすと、いろいろな刺激を受けるものですね。見るもの、触れるもの、聞くもの、味わうもの、全てが新鮮でした。また、ベルギーはとてもフレンドリーで親切な人達が多かったです。今回出会った皆さんに心から感謝します。

以下にベルギーの写真を数枚載せます。

Image13211.jpg

滞在していたシント・トルイデン駅(首都ブリュッセルから東に車で約1時間)前のロータリーです。右手のビルの上部には趣のある時計台がみえます。

Image13341.jpg

シント・トルイデンの住宅街にある緑道。何でもない風景が絵になります。

Image1330.jpg

町の中心に向かう商店街です。パン屋さん、チョコレート屋さん、スーパー、服屋さんなどが並びにぎわっています。

Image1328.jpg

シント・トルイデンの広場です。クリスマスの時期だったので、たくさんの屋台が並んでいました。ここで食べたフリッツ(フライドポテト)とベルギービールは最高に美味しかったです。奥に見えるのは教会の時計台です。

posted by 堀 雅史 at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

冬休みのお知らせ

明日、12/20からお正月明けの1/4まで治療室を休ませていただきます。例年はわりと年末ぎりぎりまでやっているのですが、開業以来初の長期休暇をとらせていただき、新婚旅行に行ってまいります。

患者さん方には、ご迷惑をおかけすることをお詫びするとともに、快くご了承くださったことに深謝申し上げます。1/5(月)より平常通りに診療を始めますので、よろしくお願い致します。

今年も皆様のおかげで無事に鍼を納めることができました。ありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。
posted by 堀 雅史 at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 治療室のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする